成長著しいASHの新星 岡村梨央インタビュー

成長著しいASHの新星 岡村梨央インタビュー

世界に名だたる多くのアイドル&アーティストを輩出し続けている、アクターズスクール広島(ASH)。在校生の注目株にインタビュー。

今年6月からpeonyのメンバーとしても活躍する岡村梨央。3月31日に行われた「ACTOR’S SCHOOL HIROSHIMA 2019 SPRING ACT」では、清水紗良とともにAクラスのパフォーマンスを牽引した彼女に、スクールのことや友だちのこと、将来のことについて聞いた。


家でお父さんと猛練習して

成長著しいASHの新星 岡村梨央インタビュー
岡村梨央
[PROFILE]
岡村梨央(おかむら・りお)
2008年10月8日生まれ。34期生。Aクラス所属。ASH内ユニットであるpeonyのメンバーとしても活動中。

──ASHには小学校1年生のときから通っているそうですね。

はい。小1の10月からで、もうすぐ4年になります。

──それまで習いごとはしていましたか?

保育園のころに、avexさんのスクールでキッズダンスを習ってました。歌はやってなかったんですけど、ずっと歌とダンスが好きでした。

──どんな歌やダンスに憧れていたんですか?

映画「アナと雪の女王」が好きで、エルサのダンスをずっと踊って歌ってました。あとは、小さいころにAKB48さんが好きで、DVDを見ながらマネしたりもしてました。

──ASHには、どんな経緯で入ったんでしょうか?

歌とダンスが習えるところをお母さんが探してきてくれて、ASHの入学オーディションを受けることにしました。オーディションではアンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」が課題曲だったんですけど、ダンスについていけなくてすごくあせりました。

──入学後に大変だったことはなんですか?

「チャールストン」っていうダンスのステップが全然できなくて、先生から注意されたのは覚えてます。家でお父さんと猛練習してやっとできるようになったので、いまはもうバッチリですけど。ふふふ。

──いまはAクラスの中でも、教えてあげる立場ですよね。

はい、そうですね。

びっくりも、不安も、がんばるぞっていう気持ちも全部

成長著しいASHの新星 岡村梨央インタビュー
岡村梨央

──3月31日に行われた「2019 SPRING ACT」では、かなり出番が多かったです。

でも、P企画(先生たちがユニットを選抜するオーディション)にはまだ選ばれたことがなくて、憧れてます。たぶん私はそんなにかっこよくダンスが踊れないから、先生たちのやりたい曲に合わないんだろうなって…。振りつけを覚えるのはけっこう早いんですけど、みんなよりちょっと踊りが速くなっちゃったりするんです。

──最初の出番はユニットの「CATY」ですね。ネコのコスプレ風衣装で「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」(わーすた)を歌いました。

この衣装かわいいので、好きなんです。あまりブリっ子な感じはできないんですけど、衣装で照れたりすることはないです。

──練習は大変でしたか?

はい。スクールが休みのときも公民館でたくさん練習しました。お母さんがスタジオの予約とかを取ってくれるんです。

──そして、清水紗良さん、鈴木洸稀くんとのユニット「Sirius」では、「ハートアップ」(絢香&三浦大知)を歌いました。これが決定したときはどんな気持ちでしたか?

びっくりも、不安も、がんばるぞっていう気持ちも…全部ありましたね。

──清水さんとは最近までAクラスで一緒でしたよね。

遊びに行ったり、お泊まりしたり、仲がいいんですよ。(清水さんが)Bに行ってからは、会ったときに「あ、やっほー」って言い合うくらいなんですけど。

──ふだんはなんと呼び合ってるんですか?

「紗良」と「梨央」です。歳はちょっと離れてるけど、話すときもタメ語です。

──お互いの歌については、どう思っていますか?

私はけっこう低い声が得意なんですけど、紗良は高い声が出るので憧れてます。あと、紗良は天然なので、いつも私に「かわいいね~」とか「めっちゃ歌うまいじゃん」とか「やせたね」とか、めっちゃほめてくれるんですけど、私も「そんなことないよ、紗良のほうがすごいよ~」って言い合ってます。ふふふ。

くやしくて泣くのは家でだけ

成長著しいASHの新星 岡村梨央インタビュー
岡村梨央

──モデルコースのウォーキングショーにも参加していましたが、どんな練習をしましたか?

歩くコースを覚えて、家でいろんなポーズをしてみたり、見せ方を練習しました。(広本)瑠璃ちゃんがかっこいいので、こっそりお手本にしてました。

──そして、演劇コースにも参加しています。歌にダンスに演劇、いろいろやりたいタイプなんですね。

岡村 はい! 中1になったらアナウンスコースも受けられるようになるので、それも試して、話すことがうまくなりたいなって思います。

──歌割りを多くもらえるようになったのは、いつごろからですか?

小4からだと思います。秋の発表会で「トイレの神様」(植村花菜)をやったんですけど、ひとりで歌うパートをもらえたんです。そのくらいから、歌割りが増えてきてるなって感じるようになりました。

──歌い分けが発表されたときは、うれしかったですか?

もちろんうれしかったけど、みんながいる前で発表されるので、そのうれしさは家で出しました。逆に、くやしくて泣いたりするときも家ですね。

──家ではどんな感じで練習しているのでしょうか?

宿題をしたあとに、お茶を飲んで、そのあと練習してます。最近は自分ひとりでやってるんですけど、歌詞の伝え方や感情の込め方、強弱のつけ方とかは、お母さんが指導してくれます。お母さんはミュージカルをやってて、歌が上手なんですよ。私と同じように低音なんですよね。

──低音は、ご自身でも武器だと思っていますか?

思います! まわりは声が高い人が多いから「低いところは梨央が全部歌って」と言われたりもするので。

いっぱい練習して、みんなに注目されるように

成長著しいASHの新星 岡村梨央インタビュー
岡村梨央

──そして今年からpeonyにも加入しましたね。

はい。小4でMAX♡GIRLSを受けたときは年齢が低くて受からなかったんですけど、憧れだった平内真矢ちゃんがいたpeonyには、ずっと入りたかったんです。

──加入はどうやって知らされるんですか?

オーディションの2週間後くらいに、紙に貼り出されて発表するんですよ。それを見に行こうとしたら、いまpeonyで一緒に活動してる山本夢乃ちゃんからケータイに「おめでとう!」ってメッセージが来て、それで知りました。

──ASHで仲がいい人を教えてください。

清水紗良ちゃん、中嶋朝香ちゃん、山本夢乃ちゃん…気軽に話せる人はいっぱいいます。

──ライバルだと思っている人は誰ですか?

同じAクラスの住田愛子ちゃんですね。私と同じ低音なので、低音がいいなぁって思ったり…歌がいいなぁって思います。

──ふだんの学校生活とASHのレッスンは別ものかと思いますが、スクールに来るときはどんな気持ちでいますか?

お母さんもお父さんも送り迎えとかいっぱい手伝ってくれるので、ありがたいなって気持ちと、今日もがんばるぞって気持ちです。

──学校では、どんなキャラクターですか?

先生が話してるときに男子たちがワーワー騒いでたら「静かにして!」とか、けっこう言っちゃいます。ふふふ。

──学校のお友だちもASHのことは知っているんですか?

だいたいの人が知ってて、「岡村梨央」ってYouTubeとかGoogleで調べて「出てたよ!」って言ってきます。ちょっと恥ずかしいですね。

──いま目標にしていることを教えてください。

みんなに注目されるように日頃から練習して、歌い分けもいっぱいもらえるようになって、ユニットもソロも受かるようにがんばりたいです。


撮影=石垣星児
執筆=森野広明、中野 潤

パワフルな歌声でSPL∞ASHを牽引 永尾梨央インタビュー

2019.07.26

20年の重みを感じて「2019 SPRING ACT」フォトレポート前編(写真38枚)

2019.06.28

20th ANNIVERSARYメドレー「2019 SPRING ACT」フォトレポート中編(写真18枚)

2019.07.01