ASH卒業公演を終えて 山本愛梨(ラストアイドル/Love Cocchi)インタビュー(写真9枚)

ASH卒業公演を終えて 山本愛梨(ラストアイドル/Love Cocchi)インタビュー

アクターズスクール広島は今春開校20周年を迎えた。

3月31日には恒例となる春のASH発表会「ACTOR’S SCHOOL HIROSHIMA 2019 SPRING ACT」が開催され、卒業生の山本愛梨が在籍するLove Cocchiがゲストに招かれた。

彼女にとって初の広島凱旋であり、同時にASH卒業公演でもある。

そんな記念すべきパフォーマンスを終えた直後の心境を聞いた。

「“ASHの看板”に押しつぶされそうでした」山本愛梨(ラストアイドル/Love Cocchi)インタビュー(写真10枚)

2019.01.28

もっと活躍してから「凱旋」って言いたい

山本愛梨(ラストアイドル/Love Cocchi)
山本愛梨
[PROFILE]
山本愛梨(やまもと・あいり)
2002年11月8日生まれ。38期生。2017年10月に開校したアクターズスクール広島福山校に入学。
「ラストアイドル」(テレビ朝日)ファーストシーズンで最後の挑戦者として登場するも敗退。現在はセカンドユニットの「Love Cocchi」のメンバーとして活躍中。

公式Twitter:https://twitter.com/lovecocchi_ay

──発表会への出演はいつ聞きましたか?

マネージャーさんとは前々から「春の発表会にゲスト出演できたらいいね」と話していて、それが叶った感じです。

──山本さんにとっては初の広島凱旋になります。

すごくうれしいんですけど、昨日「凱旋」の意味を調べたら「戦って勝って戻って来たこと」って書いてあったんです。私はまだ勝ってないし、もっともっと活躍してから「凱旋」って言いたいなと思いました。

──発表会ではLove Cocchiのライブのほかに、FUKUYAMA Cクラスで2ステージに出演しました。練習の時間は、なかなかとれなかったのではないですか?

『ラスアイ、よろしく!』(テレビ朝日)の企画で、“歩く芸術”=「団体行動」に挑戦しながら、新曲「大人サバイバー」の練習もしていて、その合間にCクラスの練習だったので大変でした。ほかのみんなとはじめて合わせたのも昨日だったんですけど、昨日はお休みの子もいたので、全員そろったのは今日になってから。本当にドッキドキでした。

──メドレーではモーニング娘。’19さんの「One・Two・Three」に挑戦して、憧れの鞘師(里保)さんのパートを歌っていましたよね。

うれしかったです。しかも、昨日(3月30日)の「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」で鞘師さんが久々にステージに立たれたじゃないですか。その興奮があったうえでの今日だったので…。

──タイミングがよかったですね。この曲をやると決めたのはいつですか?

最初は知らなかったんですよ。クラスのお友だちに「何やるの?」と聞いたら「『One・Two・Three』やるよ!」って言われて、すごくうれしくなったのを覚えてます。

──「Don’t Stop Music」(MISIA)で間奏からの参加になってしまったのは、練習の時間があまりとれなかった事情からですか?

そうなんです。本当は最初から踊りたかったんですけど、やっぱり時間的に振りを覚えるのが厳しくて…リハーサルのときから苦戦してました。自分、こんなにできないのかって悔しかったです。

──発表会のほかのグループのパフォーマンスで参加してみたいと思ったものはありましたか?

2つあるんですけど、Cクラスの「Fiesta! Fiesta!」(Juice=Juice)とBクラスの「明日テンキになあれ」(こぶしファクトリー)です。やりたいなーってすごい思いました。

──本当にハロー!プロジェクトが好きなんですね。

山本 そうなんです…。そう考えると「One・Two・Three」がやれて本当によかったです。

本当に今日という日はすばらしかった

山本愛梨(ラストアイドル/Love Cocchi)
山本愛梨

──以前のインタビューで、鞘師さんにお会いできた話をしてくださいましたが、その後はいかがですか?

あれ以来ないです…。でもまたいつかお会いできるチャンスがあると信じてがんばります!

──ラストは「NEW HORIZON(スクールの歌)」にも参加しました。

マイクを持ってたんですけど、泣いて歌えなくなってしまって。大好きな歌なんです。私がASHにいた時間は短かったけど、入ってなかったらラストアイドルの山本愛梨もいなかっただろうなとか、本当に人生ってすごいなとか、いろんなことを考えちゃいました。

──発表会への参加についてLove Cocchiのメンバーとはどんな話をしましたか?

私がASHとLove Cocchiで出ることをみんなが分かってくれていて、すごく助けてくれました。実は、今日はノドが調子があまりよくなくて、頭もパンパンになってたから「MCで飛んじゃうかもしれないけどごめん!」って伝えたら「任せて!」って言ってくれて。すごく頼りになるなあと思いました。

──Love Cocchiとして発表会のステージに立つのと、スクール生として立つのでは、気持ち的に違うものですか?

終始変な気持ちでいました。こっちの楽屋にはスクールのみんながいて、こっちの楽屋にはLove Cocchiのみんながいるっていう状況も不思議だし、Love Cocchiは一緒にいる時間も長いから安心してステージに立てるけど、スクール生に比べると私は練習量が少ないので、ASHのクラスで一緒にやるときは足を引っ張らないようにって気を張ってしまいました。

──Love CocchiのみなさんからASHについてなにか言われましたか?

「すごいね」と言っていましたね。あと、Love Cocchiファンの方が「パフォーマンスのレベルが高い」とか「すごい!」って書いてたのを見かけてうれしかったし、逆にASHのファンの方にもLove Cocchiを知っていただける機会にもなったと思うので、本当に今日という日はすばらしかったです。

──山本さんとしても自分が育ったASHを見てもらいたいという気持ちがあったのでしょうか?

もちろんです。ASHの先輩方も、現役のスクール生たちもパフォーマンスのレベルがすっごい高いし、みんながんばってるので少しでも多くの方に知ってほしいんです。いろんな方に発表会を観ていただきたいなって思っていました。

──ASHで特に仲のいい人はいますか?

増田花音ちゃんです。ASHの前に通っていたスクールのときから一緒で、年齢も近いんです。今回も私がレッスンにいけなかったときの振りの映像を送ってくれたり、ダンスを教えてくれたりと、すごく助けてもらいました。ほかのみんなもすごく優しいんですよね。同じ街に住んでいて、同じような目標に向かってがんばってるんだなって思うと、ASHの仲間はやっぱりすごく大切な仲間だなって改めて思いました。


撮影=石垣星児
執筆=森野広明、中野 潤

「レッスンについていけるのはASHのおかげ」首藤百慧(ラストアイドル2期生アンダー)インタビュー(写真10枚)

2019.02.11

「みんなに追いついて、いつかは同じステージに」米田みいな(ラストアイドル2期生アンダー)インタビュー(写真10枚)

2019.02.04

20年の重みを感じて「2019 SPRING ACT」フォトレポート前編(写真38枚)

2019.06.28