「革命少女」の切り込み隊長 戸高美湖インタビュー(写真7枚)

「革命少女」の切り込み隊長 戸高美湖インタビュー

世界に名だたる多くのアイドル&アーティストを輩出し続けている、アクターズスクール広島(ASH)。
在校生の注目株にインタビュー。


5歳からダンスを

「革命少女」の切り込み隊長 戸高美湖インタビュー

戸高美湖

[PROFILE]
戸高美湖(とだか・みこ)
2006年8月14日生まれ。35期生。Bクラス所属。「愛踊祭2018」のために選抜されたスクール内ユニット「革命少女」の一員。小さな体で大きく表現するダンスが持ち味。

──スクールに入ったきっかけから教えてください。

5歳から地元のダンススクールに通ってて、その先生がアクターズスクール広島の卒業生だったんです。いろんな話を聞いて、ずっとあこがれてて、入りたいなと思ってました。

──もともとダンスが好きだったんですか?

小さいころから、ノリノリの曲で踊るのが大好きでした。

──習ってきたダンスの種類を教えてください。

最初はヒップホップで、そこからジャズとか。いろいろ教えてもらってます。

──ASH出身で、あこがれの先輩はどなたですか?

Perfumeさんや、まなみのりささんです。

──ステージを見たことはありますか?

どちらもステージを見たことはないんですけど、動画で見てすごいなぁって。こんなふうになりたいなぁと思いました。

──スクール内でのあこがれの先輩は、どなたですか?

SPL∞ASH米田みいなちゃんです。仲良くもさせてもらってます。

かわいくなりきる、かっこよく演じる

「革命少女」の切り込み隊長 戸高美湖インタビュー

戸高美湖

──「2018 SPRING ACT」では、戸高さんはかなりたくさんの演目に出ていましたね。ソロ以外で自分を出せたなと思うのは、どの曲でしたか?

Bクラスで披露した「Movin’ on without you」です。激しいダンスが好きなので、この曲で一番出せたのかなぁと思って。

──こういうかっこいいパフォーマンスのときと、MAX♡GIRLSのようにかわいく徹するときの、自分なりのアプローチの違いを教えてください。

かわいいほうは、とにかくもう、なりきる、世界に入るって感じです。逆に、かっこいいほうは、表情とか目線で演じることを特に意識してます。

──ソロで披露した「PIECE OF MY WISH」は、やはり一番緊張しましたか?

はい。もう、一番緊張しました。この曲は、お父さんが私の声に合うんじゃないかって言って、選んでくれました。

──緊張をほぐす方法とかは、持ってますか?

本番前に深呼吸したりとか。それでいったん落ち着くんですけど、でも、はじまるとやっぱり緊張しちゃいます。

──メンバーとして選ばれた「革命少女」では、どんなパフォーマンスを目指したいですか?

ここでもやっぱり、かっこいいイメージもあるし、かわいいイメージもあるような曲とかパフォーマンスをやっていけたらいいなと思ってます。

──最後に、個人としての目標を聞かせてください。

私の夢は、安室奈美恵さんのような「歌って踊れるアーティスト」なので、もっともっと歌とダンスをみがいていきたいと思います。


撮影=石垣星児
執筆=中野 潤

革命少女インタビュー「愛踊祭2018」決勝戦直後(写真9枚)

2018.09.23

「革命少女」のセンターに抜擢 清水紗良インタビュー(写真7枚)

2018.09.10

困難をどう乗り切るかは自分次第「2018 SPRING ACT」フォトレポート後編(写真40枚)

2018.09.09

“何者でもない”原石たち「2018 SPRING ACT」フォトレポート前編(写真20枚)

2018.09.08