困難をどう乗り切るかは自分次第「2018 SPRING ACT」フォトレポートレポート

困難をどう乗り切るかは自分次第「2018 SPRING ACT」フォトレポート後編(写真40枚)

ある卒業生は言う「必要なことはすべてここで教わった」。ある卒業生は言う「ASHの名に恥じない存在になりたい」。
発表会は、半年に1回だ。
若い彼女たちにとって、半年間はどんな長さに感じるのであろうか。
若い彼らは、この1日にどんな思いで臨んでいるのであろうか。

“何者でもない”原石たち「2018 SPRING ACT」フォトレポート前編レポート

“何者でもない”原石たち「2018 SPRING ACT」フォトレポート前編(写真20枚)

たくましく成長した者。去った者、残った者。新たな輝きを放つ者。生徒たちはまだ何者にもなっていない。にもかかわらず、そのパフォーマンスはいずれも研ぎ澄まされている。しかし、ここまで研鑽を積んでも、そのすべてがその後のキャリアに活かされるわけではないのだ──

「マリアルは最高のメンバーで組めたなって」杉本愛莉鈴(写真8枚)インタビューインタビュー

「マリアルは最高のメンバーで組めたなって」杉本愛莉鈴(写真8枚)インタビュー

「すーちゃんは私のなかでずっとあこがれなんだ」
元さくら学院で、現在は「ラブベリー」で専属モデルを務める杉本愛莉鈴。
ASH時代は中元すず香、鞘師里保らともレッスンを重ねた。
在学中に結成した伝説的ユニット「マリアル」や、活躍する先輩や同期たちとのエピソードを語る──。

「ASHがなければ、いまごろふつうの小学生だった」佐竹未羽(pax puella)インタビューインタビュー

「ASHがなければ、いまごろふつうの小学生だった」佐竹未羽(pax puella)インタビュー

「ASHで学んだのは『協力』。ひとりじゃできないことも、力を合わせればできる」
卒業生インタビュー、今回は仙台発のアイドルユニット「パクスプエラ」の最年少メンバーとして活動中のMIU(佐竹未羽)。
広島から仙台へ、アイドル育成の地を渡り歩いた彼女が見たものとは──。

石田千穂&高竹香夢&八木海莉&宅明美咲インタビューインタビュー

石田千穂&高竹香夢&八木海莉&宅明美咲インタビュー(写真14枚)

「所属後に即グランプリ、ASHの眠れる大器」石田千穂。「端正なルックスに確かな実力、在籍2年で実績多数」八木海莉。「小さな体で大きく躍動、13歳にしてASH歴9年」高竹香夢。「舞台に立つ喜びを知り、期待の新星が輝きはじめる」宅明美咲。アクターズスクール広島(以下ASH)の秘密を、在校生へのインタビューで解き明かす。